Japanese Meiji Pure Silver Teapot by Fujimoto (Kyushu, Japan - 1868-1900)

Japanese Meiji Pure Silver Teapot by Fujimoto (Kyushu, Japan - 1868-1900)

4,500.00

Stunning Japanese pure silver teapot in near perfect condition with a simple finial and an elegant solid silver handle. The handle is excellent for carrying the pot and rocks just slightly to assist in the removal of the perfectly fitting lid. The lid is vented by way of a tiny and precise hole. You can see in the inside that the teapot is entirely made by hand and was hand hammered. The hours of work to create this are innumerable. A few signs of age appropriate patina as shown including minor battle scars. Lid is a little oversnug and this can be adjusted to fit to your taste. Spout is ver slightly asymmetric-- owing to the handmade nature of the teapot. This teapot holds about 3.5 cups (750mL) and has a very graceful and easy pour. Because of its scarcity, the Japanese silversmiths always used silver sparingly.

How on earth this little Meiji period Kyushu, Japan silver teapot by Fujimoto found its way into the estate of a WWII vet in Colorado must be one hell of a story. Marked on the bottom with the jungin mark ('pure silver'), and under the lid with the retailer and maker marks.

Dimensions: 6" wide x 7.75" tall

Weight: 405 grams

For more goodness, browse around the shop: www.dcsilver.com

シンプルなフィニアルとエレガントなしっかりしたシルバーハンドルで、完璧なコンディションの日本の純粋なシルバーティーポット。ハンドルは完璧にフィットする蓋の取り外しを助けるためにポットと岩をわずかに運ぶのに優れています。蓋は、細くて正確な穴を通って通気される。あなたは内側で、ティーポットが完全に手で作られており、手で叩かれているのを見ることができます。これを作るための仕事の時間は無限です。示されているように、年齢のいくつかの兆候は緑青に適切です。このティーポットは約3.5カップ(750mL)を保持し、非常に優雅で簡単に注ぎます。その希少性のために、日本のシルバースミスは常に銀を控えめに使いました。

この小さな明治時代の九州、日本の藤本の銀色のティーポットは、コロラドの第二次世界大戦の獣医師の遺体に侵入してきたことが、物語の1つの地獄でなければなりません。下段にはジンジンマーク(「ピュアシルバー」)、蓋の下には小売店とメーカーマークが付いています。

寸法:幅6インチx高さ7.75インチ

重量:405グラム

私の他のスターリングシルバーをここでチェックしてください:

www.dcsilver.com

Add To Cart

MATERIALS

sterling,silver,plata,950,argent,solv,silber,zilver,fein silber,pure silver